だから働き方革命だ

こんなコミュニケーションで起こるトラブルは何故起こるのか、そのきっかけの多くは直接言う事例も電話、メールの事例も言い手が受け手の事をあんまあり考慮していないからです。ですので、こう言うとどのような風に取られるのかと言う事を考慮してメッセージの後はキチンと習得していくれたのかを検証するという配慮が言い手には不可欠ではないでしょうか?ドラッカーの事を未来科学者と言う人も居ますが、彼は的確に未来を当てます。

 

「コミュニケーションを成立させるのは受け手である」とドラッカーは述べていますがかなり格好言語も非の打ち所の無しメッセージも受け手に解釈されなければ無意味です。けれどもドラッカーは未来科学者ではないのです、本人は未来の事を「明日用意するのではなく今日に作られるもの」と言う風に述べていてその意味合いは未来とはこの瞬間から始まっていて実際と未来は連続しているというものです。

 

言った言わぬで揉めると言うのは業務をしていれば度々起こります。先々の事を腹積もりて心もとないになる位ならば実際この瞬間に最善を尽くす事が白む未来に繋がるのではないでしょうか?